2012.11.23     カテゴリ:  ネタ 

   レタッチ考(邪魔ものを消す編)

遥か昔、、、、
ネガやポジのフィルムを
スキャナでPCへ取りこんだりしておりましたが、
大変なのが、ホコリの後始末。。。。

いくらフィルムをキレイにしても、
やっぱりつきます。ホコリが

そんな写真をこまめにレタッチしてやっと完成。。。
こういう作業をコツコツとやってました。

どうやって消すか、、、、

Photoshopでの話。

1.まずホコリのついた部分に隣接する範囲で
  同じようなパターンを探します。
  ※近くになれければ遠くで探す。

2.その部分を範囲選択して、コピーします。

3.それをホコリの部分にペーストして消します。

4.若干の色合いに違いなどでる場合があるので、
  1-3を繰り返したり、
  レイヤー制御で操作(変形、薄く張り付け)したり、
  ペンやブラシなどを使って補正したりする場合もあります。

それから数年。。。

デジカメ(コンデジ)になって、そんな無駄な操作がなくなった。
と喜んだのもつかの間、
デジイチを使うようになり、
また、この悩みにぶち当たりました。

デジイチの場合、絞り込んだ場合にでますよね。ホコリ、、、
いくら清掃しても、フィールドでレンズ交換を頻繁にすると
もうダメです。。。

こと強風が吹いていると、
もうとんでもないことなります。。。。
※前回の浜松基地航空祭はそうでした。
 こういう状況では事前に
 ローパス清掃しても意味がありません。

けど、技術革新とはすばらしいもので、
最近のデジイチはローパスのホコリを落とす機構がついてます。
それなりにホコリを落としてくれるので助かります。

ところが、私の利用機材に関していえば、
D3はついませんw

また、D7000はついているのですが、
それでもとれないホコリはあります。

なので、やっぱりレタッチをすると、、、

フィルム時代に培ったテクは役立ったとw

が、下手に手番を覚えたもので、
便利なツールの存在に気づくのに
少し時間がかかりましたが。。。。

デジイチになり、まずは上述の手番でやり始めたのですが、
何年か後にコピースタンプツールという便利なものがあるのを知り
それ以降は、これをメインで使いはじめました。
※このコピースタンプツールは、私がやっていた手間を
 ある程度ツールが補ってくれます。

また、ニコンの場合、ニコンキャプチャーNX2に
自動レタッチブラシというのがあり便利です。
これはコピースタンプツールをより高度にしたもので
ディテールが精細な場所でも、使える場合があります。

という訳で、いくつか修復する方法はあります。

けど、どれも一長一短があるので、
私はコピペ、スタンプ、レタッチブラシ、etc
を使い分けて利用しています。

ここで私見をいいますと、

絞り込んだ写真のホコリは
目だたないようにレタッチをするべきだと思います。
キレイに撮れた風景だろうと、飛行機だろうと、
空や被写体に円形の黒いホコリがポツポツとあると、
かなり残念な気分になります。

では、実際の写真でレタッチがどうなるかみてみます。

まずベースの写真がこれ
hisan00.jpg

そこにハデにホコリを付加www
hisan01.jpg

これをレタッチすると
このようになります。

Photoshop CSでレタッチ
hisan02.jpg
※コピースタンプツールのみ利用

ニコンキャプチャーNX2でレタッチ
hisan01b.jpg
※自動レタッチブラシのみ利用

ベースとなった1枚目と修正した3、4枚目を比べればわかりますが、
ホコリのついた部分に微妙な違いがあります。
ホコリで隠れている部分を消すためには、
その周辺もあわせてレタッチするので、
このようになってしまうのは、
ある程度は妥協せざるをえないと思っています。

ちなみにこの程度なら10分程度でできます。

それを発展させると、余計なものを消すこともできます。
前回のUH-60J.T-4の写真はそれです。
ベースの写真は削除したのですが(^_^;)
上記のレタッチ写真をみれば想像がつくと思います。

さらに過激にもできます。
大昔にやったレタッチですが参考に、、
懐かしいゼロ系です。

写真をクリックするとちょっと面白いことになります。
shinkansen0_001.jpg

ここまでやると、、、やり過ぎ感はありますが、
パソコンの普及で、写真のさまざまなプロセスに
幅が広がりました。

いろいろ使ってみるのも良いかなーと思います。

という訳でAG&Nさん、電線ならなんとかなるかもしれませんよ。
電柱や屋根だと、無理な場合もあると思いますが、、、

と、私の素人考をば、、、、、


いかつぶやき、、、
キヤノン用ではありますが、
タムロンから70-200と90の新型が発売されましたね。

70-200は高評価みたいですね。
いっぽう90はボケに難ありという話も、、、
AF速度、写りもそれなりなら、やっぱ買いですなぁ
あとはニコンマウントはいつ発売になるか、、、
そこが問題。

以下、追加

やっつけですが、有刺鉄線を消してみました。


hamamatsu1114_001.jpg


hamamatsu1114_0011.jpg
※ついでに柱も低く、、、w
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最後のゼロ系写真、見事に消えていますね!影までも!
ここまで行くと技ですね!反則と言ってしまい失礼いたしました。
私もキャプチャーNX2のゴミ消しブラシはゴミに気がついた時は使用していました。
(気が付いてない時もありますが...)
ひこーき写真の場合、小さく写った鳥さんも消しちゃう時ありました...
それにしても派手なホコリの画、インパクトありますね!
ブログレベルだと全くわかりませんね(^^ゞ
A3などに伸ばすと顕著になるのかな??
プリントアウトをほとんどしない韋駄天は
高画素機の必要なしと再び1D3をラインナップに戻しました^_^;
たんに4やXが買えないってのもありますが(滝汗)

何気にCSが欲しいかもと思って見させていただきました^_^;
Green Altairさん、こんにちは
いえいえ、反則でもなんでもOKだと思いますよ。
写真を加工するのも楽しみですんで、
けど、それがいやな人もいるようで
なかなか難しいところですw
要するに本人のポリシーに従えば良いし
フォトコンなら規定を守ればOKかと思います。
韋駄天さん、こんにちは
説明不足があるようなので補足しますね。

写真はリサイズされていますが、
そこは気になさらないでください。

今回掲載した写真、
例えば、、、とある写真の等倍から、
いち部分を切り取ったサイズが
今回の写真と思えばどうですか?

なら、ブログサイズ、A3というのは
関係ないことがわかると思います。

また、等倍でみたときのホコリですが、
ここまで大きいものは普通はありませんよね。

リサイズしてるとしたら、
このホコリは超巨大になってしまいます(笑)

この補足で理解していただければ良いですが、
私の文才もイマイチなので(^_^;)

つまり、等倍だろうとリサイズだろうと
やることは同じです。

ただ、写り込んだホコリや邪魔者を消す場合に
うまく補正できるかは写真次第になりますけど、、、

で、新機材ですが、、、、、
私も欲しくない訳ではありませんが、
買うほどの気合が湧きません。
ニコンは次の一桁が興味津々。
D4S,D4Hとか、でませんかね。20M以上で、、、
20Mが欲しいのはクロップした場合の考慮のみです。
あと、興味のあったD600はAFエリアが狭すぎてパスです。
価格が10万円なら買おうかと思うけど(^_^;)
やはりD300S後継を待つのが吉ですね。。。
わざわざ詳しくありがとうございました。
遅くなってすみません。
私もNX2にしてからは簡単にゴミが消えるので重宝してます。
で、電線ですが背景が青空なら消せましたが、
機体に複雑に絡むと、どうにもなりませんでした(笑)

しかし新幹線を見ると、できるんですねェ。
いや~全然やりすぎじゃ無いですよ。
ただ、同じ場所に同業者がいたら、
彼らの中には批判する人がいるかも知れませんが、
少なくとも個人で楽しむには、
0系が蘇る訳だから、素晴らしいですよ!!
クリックした瞬間、ちょっぴり感激しましたよ。
AG&Nさん、こんばんは
ちょっぴり感動して頂けて私もうれしいです。
そして、NX2でホコリ消し、簡単の補完はできますが、
細かい芸が効きませんね。。。
レタッチツールが必要になります。
結局、この補完がポイントで
補完できる情報がないと、
消えた部分を復元するのは難しいです。




プロフィール

yoshi84

Author:yoshi84
機材は一流、腕は三流。
平均二流という
無念なオヤジのブログです。

気に入った写真とか、
ネタとかがあれば幸いです。

コメントも大歓迎です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
神戸空港
伊丹空港