2012.07.16     カテゴリ:   

   コアジサシとは、2/2

コアジサシがどういう鳥かは前回載せた通りです。

ではなぜ、コアジサシというか?
それはこの鳥の狩の仕方に由来します。

まず、コアジサシのコは忘れて説明。。。。

アジサシの仲間は、おもに細長い小魚を食べます。
その狩の仕方がユニークで、水面から適当な高さで魚を探して巡回し、
魚を見つけたら、そのまま水中にダイブして魚を捕まえます。
ときおりホバリングすることもあります。

このダイブで鯵(など小魚)を捕まえる様から、
鯵刺(アジサシ)と呼ばれるようになったようです。

※この鳥は非常に軽いので、水中深くまで潜ることはできません。
 せいぜい数十センチではないかと思います。

そして、コアジサシとは、小さいアジサシという意味です。
コアジサシは、アジサシの仲間では小柄なのでそういう名前になったようです。

次はタマゴとヒナにつて、

タマゴは、砂礫迷彩塗装です。(笑)
淡い茶or黄土色?に黒い点々がついてます。
黒い点々は個体によって差があります。
こんな感じ、
koajisashi1207_018.jpg

角度を変えて、、、
抱卵するとき、温めやすいようにお腹の羽が拡がります。
koajisashi1207_019.jpg
この親、産卵時期が遅いし、
巣の作り方もなっていません。
しかもタマゴは1個、
若い親なのかな?と思ったりもします。
それとも出遅れたか、、、

今年は抱卵しているコアジサシがまだまだ多い気がします。
なぜだろう・・

抱卵から3週間経つとヒナの誕生です。
ヒナもタマゴと同じような色合い。
koajisashi1207_020.jpg
※ちょっとかわいい写真を選んでみました。
このヒナは生まれて数日は経過してると思います。

ときどき、こんな抱雛もします。
koajisashi1207_021.jpg
ヒナもちょろちょろしたりとやんちゃ盛りで
見ていて面白いです。

ちなみにこの写真の親、鶏冠が立っているように見えませんか?
※鶏冠という表現をカモメに使うのはやや変かも、、、
実は、捕まえてきた小魚を横取りしようとする不貞の輩がおるのです。
この親はそれを追い払った直後なのです。

そして、

ヒナが生まれても数日は同じ場所で子育てをしますが、
その後、ヒナを連れて、安全な場所を点々と移動します。
※安全な場所とは、大きな石の影、窪み、草木の影など、、、

蛇足:すべての写真は約20m以上離れた場所から撮影しております。
   超望遠で撮影し、そこから大きくトリミングしています。
   ピント合わせはかなり難しいです。。

という感じです。次回から普通にアップしていきます。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コアジサシの様子がよく分かって素晴らしいお写真です!!
ヒナも可愛らしいですネ。  (⌒∀⌒)
詳しい解説をありがとうございます。
来年は実物を見に行きたいと思います。p(^^)q
難しかったです((+_+))

砂丘にピンはとられるし
コアジサシちっちゃいし。
いろいろ勉強させていただきました(*^^)v
パールママさん、こんばんは
ヒナかわいいでしょ?写真は厳選しました。。。(笑)

というのも実は、、、

コアジサシのヒナ、ちょっと生意気な顔してるので、
かわいい顔はなかなか(^_^;)

で、コアジサシの生態、まだまだ書ききれていないことが多いです。
ブログでいろいろ書いても興味ない人多いと思うので、
まとめて書くんじゃなくて、ボチボチ小出しにします。
韋駄天さん、Keiさん、こんばんは
慣れと撮影回数による歩留まりのみです。
で、ピントは難しいですよ。
私もよくはずします。。。
D3でも同じなのでしかたないです!




プロフィール

yoshi84

Author:yoshi84
機材は一流、腕は三流。
平均二流という
無念なオヤジのブログです。

気に入った写真とか、
ネタとかがあれば幸いです。

コメントも大歓迎です。

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
神戸空港
伊丹空港